読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Studious Mind

小さな持ち物で、最大級の仕事。

断捨離とヤフオク。

今回はヤフオク出品編です。

次々と出てくる、いらないものたち。

断捨離前の私の部屋。3月に引っ越しの予定のため、いらないものを整理している段階とはいえ、かなりの散らかり様です。(というか、引っ越しは言い訳で、単純に服とかを片付けきれていないという気が...)

引っ越した先はかなり狭い、1K。必要なものだけをもっていくようにしないと、、、詰む。。。

断捨離するならヤフオク

 

 ヤフオクに出品してみてわかったのですが、ヤフオクでは多くのものは需要を持っているんです。

 

f:id:sunhira:20170217121450j:plain

 高校生のときに使い倒したエフェクターボード(機材を入れる箱です。)。

f:id:sunhira:20170217121531j:plain

 ボーカルになるんだ!

と意気込んで購入したボーカルトレーナー。

 どれも自分は全くいらなくなったもの、このままうちにとって置いたらいつか本当に価値のないゴミになってしまうものたちです。

いらなかったら売るという選択肢

 私は生来の新しい物好きでして、一度ほしいと思ったものは結局買ってしまうことが多いのですが、買ってからわかることのほうが多いので、もうあれこれ悩むよりは、どこかで基準を決めたうえで買ってしまってから考えるようにしている部分もあります。

 でも、使えるお金は限られているし...

 そこで考えたのが、価値の下がらないものを買う。ということです。

 例えば、ASUSDELLの激安ノートパソコンは中古ではだれも見向きもしないような代物ですが、AppleMacbookでしたらどうでしょう。中古でもそれなりの価値があります。中古でもいいから、安く使ってみたい!という需要があるのです。そう、Macbookならね。

 少し使って飽きたくらいなら、ほとんど買値と変わらない値段で出品できる。そう考えたら、自分の憧れのすこし高額な商品も、手を出しやすいのではないでしょうか?

 わたしは、使ってみてから考えるという選択肢を提案します。